不動産投資ニュース

不動産投資で年金対策

投稿日:

今日、公的年金や退職金などの制度が崩壊しつつあります。テレビや新聞でこのようなニュースが取り上げられるようになり、世代を問わず将来への不安を感じる人の割合が急増しています。私たちの老後を保障するはずの公的年金や生命保険、退職金、などが不確実なものになりつつあります。それでも、「年金もしっかりと払い、保険にも加入しているから大丈夫だろう」と安易に考えてはいないでしょうか。このコラムを読んでくださった方々は是非、給付開始時期や終了時期、死亡時の遺族への給付金の有無、死亡後の給付金の継続有無などを確かめてみてください。現実を見据えてしっかりと老後のことを考え、何らかの対策をしておかなければ、いつか苦労してしまうことになるかもわかりません。また、「ある程度の資産を持っているから大丈夫」と考えている方であっても、インフレにより目減りしてしまうかも知れません。

私たちが受け取る年金給付額は、削減されることが確実となっており、さらにアベノミクスで脱デフレが促進される中、将来の資金は今まで通りで大丈夫というわけにはいかなくなっているのです。

生命保険文化センターが行った意識調査によると、夫婦2人での老後の生活費に必要な資金は「最低日常生活費」で月々平均23.2万円、「ゆとりある老後」のためには月々平均36.6万円が必要であるとの結果が出ています。つまり、60歳で定年を迎え、ゆとりある老後を過ごすためには9,000万円もの資金が必要になるということです。

こういった状況でありながらも将来に不安がないと感じることができる人もいます。そういう人たちの多くは「将来に向けての対策」をしっかり立てているのです。

そして「将来に向けての対策」の一つとなるのが不動産投資です。

賃貸不動産はその家賃が大幅に下落することはなく、時代の価値に合わせた収入を得ることができます。公的年金や退職金に頼れない時代において、比較的低いリスクで長期的に安定収入を得られるため、老後の安心を得るための方法の一つなのです。

不動産投資は、場所を厳選しなければならなく、始めるのに莫大な資金がかかると思われがちでしょう。しかし、ローンの返済に充てるお金のほとんどが家賃収入で返済でき、資金計画を入念に立てておけば毎月少しずつでも収益を得ることができます。さらに、ローン完済後は家賃収入の多くが手元に残ります。そのため年金のように安定した収入を得られ、自分名義の不動産を所有することができるのです。

入居者がオーナーの年金の積立金(家賃)を支払い、更に他人資本でできたマンションという資産も手に入れることができるといったイメージです。

年金の代わりだけではなく、節税ができるといったメリットもあります。

不動産投資は最も有効的な資産形成・運用方法であり、低資金で、安心して始めることの出来る資産運用、さらには年金対策といえます。

老後を迎えてから、就労によって年金の不足分を稼ぐのは非常に大変です。

この対策として、不動産投資は有力であり、不動産投資による家賃収入を「第二の年金」とすることができますし、年をとって体があまり動かなくなっても収入が得られます。

若いうちに物件を買っておけば、老後を迎える頃にはローンが完済されており、家賃がまるまる「第二の年金」となるのです。

ゆとりある老後のための対策に個人年金という方法もありますがこれは契約先金融機関が破綻した場合など、高リスクを背負う可能性もあります。比較的負担が少ない確定年金などの期間が決まっている商品であっても、平均寿命が延びている現代では不安が残ります。終身年金などの商品も、月々の負担が大きく、「ゆとりある老後」の対策としては不十分かもしれません。

公的年金であっても不安視される現在、経済的に「ゆとりのある老後」を送るためには、自分自身の努力で資金を得る必要があります。そこで、不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか。

-不動産投資ニュース

Copyright© 投資ランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。